自宅で絵画教室を開業する場合〜考えておきたい家族との問題

いつかこんなことができたらいいな、って夢を描くのは楽しいですよね(^^

もしも絵画教室を開業するって夢が現実になったら…

自分1人で夢を描いていたときとは違った問題が現れます。

って、何やら現実的ですが(笑

とっても大切なことの1つが「ご家族の理解」なのではないかと思います。

特に、趣味や習い事の教室をご自宅で開業したい、って考えている方も多いと思いますので、今回は、自宅で絵画教室を開業する場合のご家族との問題、について書いてみたいと思います☆

自宅で絵画教室を開業する場合の問題

年代やお子さんがいるかいないか、などによって細かな状況は変わってくると思いますが、自宅で絵画教室を開業したらどんな問題があるかな、ってちょっと書き出してみますね。

例えば…

  • 玄関やトイレなど、ご家族と生徒さんが共有する場所がある
  • ご家族と生徒さんが顔を合わせる場合がある
  • 絵画教室のある日に、ご家族が風邪を引いて寝ていたり、お子さんが試験勉強中などの場合もある
  • 絵画教室がある日にお子さんのお友だちが遊びに来てしまった

などでしょうか。

◯年後くらいに開業したいな〜、って思っていたら、その時のご家族の状況はどうかな、お子さんは何歳くらいになっているかな、って想像してみると、いろいろ思い当たる問題点が浮かび上がると思います。

自宅で絵画教室を開く上で必要な環境や設備

絵画教室を開業する場合、どんな環境や設備が必要でしょうか。

教室の内容によって違いはあると思いますが、どんな教室でもこれくらいは必要なんじゃないかなって環境は

  • 玄関
  • 絵画教室を開く部屋
  • 水場(キッチンや洗面所)
  • トイレ
  • 教室に必要な道具を置く場所

などではないでしょうか。

まあ、道具を置いておく場所は、画材の種類によってはそんなに広い場所はいらないかもしれないですね。

トイレや教室用の部屋の他に、絵画教室を開く上で必ず必要になるのは「水場」ですね。

  • 道具を洗う
  • 絵の具を使うのに水が必要
  • 手を洗う

色鉛筆とか、水を使わない画材の場合も、手を洗ったりちょっとしたことで水場へ行く機会はあると思います。

普通のご家庭ではそんなに広い水場はないと思うので、水彩絵の具など水を汲んだり道具を洗ったり…って、水場を使う機会が多い教室の場合工夫が必要になることもあります。

洗面所はともかく、キッチンで絵画教室の生徒さんが絵の具の道具を洗うって、ご家族はちょっとイヤなんじゃないかな(^^;

ということで、水場は洗面所のみと考えると、少ない水場を有効利用する方法を考えたいですね。

ちなみに、私が開催している絵画教室の場所も、水場は小さい洗面台が1つだけ…

なので、教室の隅に新聞を敷いて、水を入れたバケツを用意しています。

生徒さんの動線とルール作り

ということで、もしも絵画教室を開いたらどんな環境や設備が必要かわかったところで、玄関から入って来た生徒さんが教室の時間中にどんな動線で移動するか?ちょっと想像してみてください。

まずは「こんにちは〜」と玄関から入ってくる

絵画教室を開催する部屋へ行く

水場(キッチンや洗面所など)で水入れに水を汲んで制作する準備

途中でトイレに行く

制作時間が終わったら、水場に行って手を洗ったり、道具を洗ったりする

玄関から出て行く

お疲れさまでした〜(^^

って感じですね。

絵画教室の時間中は生徒さんがこんな感じで自宅内を移動する可能性がある、ってことをご家族に説明して、ある程度のルール…というか、お願いをしておくと良いと思います。

  • 絵画教室がある日は友だちを連れて来ない
  • 絵画教室の時間内は静かにする
  • 生徒さんと顔を合わせたら気持ちよく挨拶をする

などですね。

あと、ご家族の協力も必要ですけど、生徒さんにご協力いただくことも必要になってきます。

  • 関係ない場所へは行かない

と言った、生徒さんとのルール作りも考えておくと良いのではないかと思います。

賃貸住宅とか集合住宅の場合

ちょっと話がずれるかもしれないですが…

賃貸住宅などで、もしかしたら管理会社や大家さんなど、ご自宅の管理者に了解を得ておいた方が良いかな、って場合は、必ず事前に相談して了解を得てから教室開業の計画を進めましょう。

開業が具体的になってから管理者から反対されてしまった!では悲し過ぎますからね。

集合住宅の場合も、もしも管理者からOKがでても、事前に隣近所や上下階のお宅の理解も得た方がいいと思います。

あとからトラブルになった、では、生徒さんも気持ちよく通えません。

自宅で開業するからこそのメリットを生かす

自宅で開業する上での問題点について書いてみると、なんだか前途多難だな、なんて気持ちがダウンしてないでしょうか(笑

自宅で開業する上でのメリット、っていうのももちろんありますよね。

ご家族との問題に関連することとしては

  • 自分の都合で教室のスケジュールを決められる
  • 教室の環境を自分の好みで作ることができる

なんていうのは大きなメリットではないでしょうか。

例えば…

  • 開業は子どもが小学生になったらにする
  • 子どもが小さいうちは夕方以降は教室の予定を入れない
  • 土日は教室の予定はいれない
  • 家族が留守がちな土日に教室の予定を入れる

って言う具合に、ご家族との関係を考えた上で教室開業の計画を立てるってこともできますよね。

他の場所を借りてしまったら、維持費を捻出するためには「家族優先」ってわけにはいかない場合も多いと思いますから。

大切な人たちに応援してもらえる絵画教室に

ということで今回は、もしも将来絵画教室を自宅で開業したら…ってことで考えてみました。

生徒さんに気持ちよく通っていただくためにも、ご家族の理解と協力は必要ですよね(^^

家の中で顔を合わせた生徒さんに、ご家族が気持ちよく接してくれなかったら生徒さんに申し訳ないですし、逆に、自宅で教室を開くことでご家族に過剰な負担がかかるようなことになっても問題です。

今はまだ夢の段階でも、この先「よし!自宅で絵画教室を開業しよう」って思った時はまず

  • 計画の段階からご家族の意見も取り入れること
  • 想定されるトラブルについて対応策や家族間の取り決めをしておくこと

などを事前に考えておくと、快適な絵画教室開業につながるのではないかなって思います(^^

芸術は人を幸せにするもの…

であれば、あなたの教室開業が、生徒さんのみならずご家族の幸せにもつながるようにしたいですね☆