アクリル絵の具のメディウム

アクリル絵の具で制作する時に、質感を思い通りに変えたり、発色を良くしたり、好みの下地を作ったり、作品を保護してくれたり…

いろいろな特徴でアクリル絵の具での制作の質を向上してくれるメディウム。

…っていっても、あまりにいろいろな種類があるので、全部使う必要もないし、正直種類が多くて使い切れません(^^;

でも、小さい容器で売っていたりもするので、これは自分の制作に向いているかも?っていうのは気軽に使ってみるといいですね☆

アクリル絵の具のメディウムの種類いろいろ

アクリル絵の具に混ぜて質感を作るメディウム

メディウムをアクリル絵の具に混ぜて使うことでつやを出したり、つや消しにしたり、発色の質を変えることができます。

それぞれのメディウムによって透明感がでたり、色の深みが増すなど、の特徴があります。

アクリル絵の具で描く時に使う、薄め液

アクリル絵の具は水性なので、水で薄めても良いのですけど、ペンチングメディウムを使うことで筆運びが良くなったり発色が良くなったりします。

乾燥を遅らせることができるメディウム

アクリル絵の具の特徴のひとつが速乾性ですが、乾燥を遅らせたいときに絵の具に混ぜて使うメディウムです。

ぼかしやグラデーションをする時に使ったりします。

絵の表面を盛り上げたり、厚塗りのタッチを生かした表現ができるメディウム

盛り上げや厚塗りのタッチを生かした表現をしたい時に使います。

光沢が強いタイプ、半透明タイプ、エッジがよりシャープに残るタイプ、など種類があります。

また、粘度の強さも各種ありますので、もっと立体的な盛り上げにしたい、とか、アクリル絵の具に混ぜると粘度がユルくなってソフトな表現ができるタイプなど、自分が作りたい表現によって選ぶことができます。

リムーバー、クリーナー

乾いてしまった絵具を取りたいときのリムーバーや固まったアクリル絵の具を取ってきれいにするクリーナーは便利です。

アクリル絵の具は乾くと耐水性になるので、水洗いができなくなります。

なので、普通のプラスチックのパレットじゃなくて使い捨ての紙パレットを使ったりするのですが、一度描いたアクリル絵の具を取り除きたいときや用具についたアクリル絵の具を取りたいときなどに持っていると良いと思います。

下地剤

描く前にキャンバスに塗ることで、発色を良くしたり絵の具の定着を良くしたりします。

盛り上げ効果を作る下地剤や、砂のようなテクスチャーを作る下地剤など、さまざまな効果の下地剤があります。

プライマー、シーラー

アクリル絵の具は定着力が強くて、結構なんにでも描けますが、描く素材によっては事前に下処理が必要になります。

基材に合わせて事前にプライマーやシーラーを使うことで、基材への絵具の定着を良くすることができます。

布に描く時に使うメディウム

昔は布に描きたいときは専用の布よう絵具を買わなくては行けませんでしたけど、このメディウムがでてから、アクリル絵の具に混ぜるだけで簡単に布に描く絵具ができます。

オススメ&使ったことがあるメディウム

メディウムの種類について、大まかにいくつか書いてみましたが、メーカーによってはもっと多彩かもしれません。

それに、各分類の中でも商品は細かく別れているので、私も使ったことがあるのもありますけど、使ったことない製品の方が多いです。

アクリル絵の具を使い始めて、今までシンプルに絵の具を水で溶いて使っていたんだけど、何かメディウムも使ってみようかな、って思っても、画材屋さんに並んでいる数々のメディウムの中から何を使ったら良いのか?迷うところだと思います。

メーカーによって商品名が違うので具体的な商品名は書きませんが、画材屋さんで商品の説明を読んでいただくとだいたいどういったタイプかわかるんじゃないかなって思います。

というわけで、私が使ったことがあるメディウムやオススメのメディウムをご紹介してみますね(^^

アクリル絵の具に混ぜて質感を作るメディウム

水を混ぜて使えるアクリル絵の具ですが、メディウムを混ぜることで定着や発色を良くしたり、つやを出したりつや消しにしたり、質感を変えることができたり…

といったメリットも大きいので、液体タイプのものとチューブに入ったジェルタイプのもの、つや出しつや消しといくつか使ってみました。

最近はツヤを出したりつや消しにしたりするのは最後の保護剤で調節しちゃうので、メディウムを混ぜないで水で描く方が多いです(^^;

アクリル絵の具で描く時に使う薄め液

アクリル絵の具を使うときの薄め液も、発色が良くなったり筆運びが良くなったりって効果があるので一時期使ってました。

今は水で描く方が多いですけど、たまに使います。

乾燥を遅らせることができるメディウム

アクリル絵の具の速乾性は便利な特徴のひとつだと思いますが、描く作品によっては絵の具の乾燥を遅らせたい場合もありますよね。

私はアクリル絵の具は主にキャンバスに描く時に使いますが、にじみやぼかしのような効果を出したい時に乾燥を遅らせるメディウムを使います。

オススメ☆リムーバーやクリーナー

アクリル絵の具は乾くと耐水性になるので、道具類に付いた場合乾く前に洗わないと落ちなくなります。

でも、描いている最中にそうそうかまってもいられないので、大体は気がつくと乾いてます(^^;

なので、リムーバーやクリーナーは一個持っておくと便利です。

うっかり洋服につけたときなんかもクリーナーで落ちると思います。

私は絵を描いているときは絵の具が付いても良い服しか着ないorエプロンつけてるので洋服に付いても気にしませんけど、

私がやっている絵画教室で子どもたちが洋服にアクリル絵の具をつけてしまったときなどは、リムーバーをティッシュや布に含ませて落とすこともあります。

あ、でも、生地を痛める可能性があるので自己責任でお願いしますm( _ _ )m

キャンバスなどに描いたアクリル絵の具が乾いてしまってから描き直したい時、リムーバーを使って乾いた絵の具を取って描き直すこともできます。

オススメ☆下地剤のジェッソ

アクリル絵の具でキャンバスに描くときの下地剤として使うことが多いジェッソですが、私はいつも常備しています♪

下地剤としてのみならず、アクリル絵の具で描いて書き直したい時に上から塗ったり、私がやっている絵画教室で子どもたちが工作の時に使ったり…。

不透明度が強くて真っ白に塗れて、定着力がすごく強いので、持っているといろいろ使えて便利です。

以前はボトルタイプを買っていたのですけど、フタの内側のジェッソが固まってフタが開かなくなってしまったことがあって、それ以来詰め替え用(?)みたいな袋に入っているものを使っています。

フタが開かなくなるくらい粘着力が強いです!

吸水性を高めるタイプの下地剤

いつも下地剤はジェッソを使っていますが、吸水性が高いタイプの下地剤も持っています。

ちなみに、ジェッソも吸水性はありますが、キャンバス上でにじみのような効果を出したいなって思ってさらに吸水性が高いものを買ってみました。

紙はにじみやぼかしができる

紙は吸水性が高い

吸水性が高い下地を使ってキャンバスの吸水性高めると、キャンバス上でのにじみが作りやすいかも?

って思考です(^^

ですけど、結果的には私が想定した使い方はできませんでした。

その後使うことなく画材の棚に収まっていますが…

ちゃんと使ってみるとおもしろい効果が出る下地剤だと思います。

オススメ☆ガラス用プライマー

プライマーは金属やガラスなどの特殊な基材に描く時に、定着を良くするために事前に塗っておく下地剤です。

私がよく使うのはガラスに描くためのプライマー。

プライマーを塗っておかなくても描けることは描けますが、ツルツルして描きづらいし、乾いてからも表面がベロッと皮がむけるみたいにとれちゃいます。

ガラス用のプライマーを塗っておくと描きやすいし、乾いた後も定着が良くて、ガラスに描くときは必須だと思います。

オススメ☆布に描くためのメディウム

以前は布に絵を描くとなると布用の絵の具を使ったものですが、布用の絵の具って案外値段が高くて色数も少なくて、年に何回も使うわけじゃないのに…って購入するのに躊躇していました。

ですが!

このメディウムをアクリル絵の具に混ぜれば、布用絵の具を買う必要がない!

ってね、アクリル絵の具はそれだけでも布に描けるのですけど、このメディウムを混ぜると布に描いたときの定着力が高まって、より描きやすくなります。

新しい画材にチャレンジする!

アクリル絵の具のメディウムに関してはすごくたくさん種類があって、メーカーによってもラインナップに違いがあるので、この商品がオススメ!ってことは書けないのですけど、各メディウムのタイプで特徴を書いてみました。

シンプルに水で描くこともできるアクリル絵の具ですが、いろいろなメディウムを使うことによって表現の世界が広がりますね。

ツヤを出したりつや消しにしたりといった仕上がりの変化から、メディウムを使うことで描く基材が増えたり、創作意欲が刺激されるのではないでしょうか?

私の場合、使ってみようって思って購入したは良いけど、1回使っただけで自分には向いていなかった!って画材も結構ありますが(^^;

新しい画材に出会うことで新しい表現を見つけることもあることだし、それもまた勉強ですね。

アクリル絵の具のメディウムは小さいサイズの容器から販売されていますので、チャレンジしやすいのではないかなって思います。

いろいろな画材にチャレンジして創作の世界をどんどん広げていきましょう☆

私も今日は絵画教室のお仕事がお休みなので、これから絵を描きます(^^